ガラスのひな人形

商品を見る

浅草合羽橋のお店

アクセスを見る

お知らせ

お知らせ一覧を見る

企画展

印象派のようなガラス展

11月25日(土)より、浅草合羽橋本店では、「印象派のようなガラス展」を開催。東京都のガラス作家、鈴木伊美さんは、「ほっ」と息が抜けるような表現を制作のテーマにされています。今回は息抜きに訪れた植物園の花や草木の色彩や香りの記憶から着想を得た新作が並びます。   自由な表現を支える技術 吹きガラスの技法を用いており、有機的な形と柔らかな色合いが特徴的。そして丁寧な加工や削りによって端正で繊細なイメージも感じとれます。詩的で情緒的なタイトルも印象的です。   瓶というモチーフ 膨らんだ部分を人の体のお腹に見立てた「気持ち入れ」という作品シリーズ以降繰り返し制作している形だそう。控えめに膨らんでいたり、丸くころんとしていたり。どんな気持ちをため込んでいるのかあれこれ想像しながら、お気に入りを見つけてみてください。   印象を形にする 植物園を歩く中で感じた花の香りや風の音、柔らかく降り注ぐ陽の光。鈴木さんが息を吹き込むことで、ガラスは自由に形を変えて、目には見えない印象をもそっと私達に伝えてくれるようです。 「印象派のようなガラス展」は11月25日(土)〜12月15日(金)まで。鈴木伊美さんが撮影された神代植物園のお散歩写真が背景に流れる店内でみなさまを心よりお待ちしております。   鈴木伊美神奈川県生まれ1996年 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科を卒業。1998年 富山市立富山ガラス造形研究所造形科を卒業2000年 富山市立富山ガラス造形研究所研究科を卒業。        

食卓を彩るガラス展

10月28日(土)より、浅草合羽橋本店では、「食卓を彩るガラス展」を開催。石川県で活動される「中野雄次」さんの企画展は、昨年11月に続き、2回目の開催となります。耐熱ガラスのマグやポットが当店での定番ですが企画展では、食卓を楽しく彩る器や花器を依頼。ガラスの魅力あふれる色彩豊かな作品が並びます。   吹きガラスとバーナーワークの二刀流 その豊かな表現力は確かな技術があってこそ。吹きガラスからバーナーワークまで駆使されます。耐熱ガラスをガスバーナーで成形することで小ぶりで可愛らしいポットやマグが生まれます。さらに、シンプルで退屈なデザインが少なくない耐熱ガラスですが、中野さんの作品には「ちょっと」した遊び心も施されているんです。 Chokkoshi(ちょっこし)は、そのサイズ感と赤いアクセントが特に女性に人気がある作品。石川県の方言で「少しだけ」を意味します。自分だけのお茶時間を楽しむのにピッタリです。   鮮やかさと落ち着きのある色の交わり 銀など鉱物を発色剤としてあわせる色のある作品。その時々で発色の仕方が変わり、まさに一点もの。冷めてから模様が現れるのが何とも神秘的です。今回の企画展ではどんな形の花器が並ぶでしょう。中野さんの作品は、いつも届いた箱を開けるのが私たちにとっても毎回楽しみな作家さんなのです。   飲食店様にもご好評の彩り小鉢 昨年、当店2階に並びあっという間に完売した彩り小鉢ももちろんご用意いただく予定です。今回はどんなお色味の小鉢か、乞うご期待です。 「食卓を彩るガラス展」は10月28日(土)から11月24日(金)まで開催。みなさまのご来店を心よりお待ちしております。 中野雄次埼玉県生まれ1999 倉敷芸術科学大学、工芸学科ガラスコースを卒業。2002 金沢市牧山ガラス工房に勤務。2018 トリブーショイ硝子工芸舎を設立。

私の好きなドリンクのグラス展

10月28日(土)より、浅草合羽橋本店では、「私の好きなドリンクのグラス展」を開催。東京都練馬区大泉学園町の閑静な住宅街にある「青樹舎硝子工房」で活動する11人の作家さんに自分の好きなドリンクのグラスの制作を依頼。好きなドリンクや思い出のドリンクを思い描き個性豊かな手作りのマイグラスをご紹介します。   稲葉知子さん|Rose Jasmin Tea いつもお茶の時間を大切にしている稲葉知子さん。仕事の合間の時間を楽しむための茶器セット。佇まいにどこか懐かしさも感じさせるポットと足つきのグラスはありそうでない一品です。   加藤瑠花さん|Sangria 自然やアート、映画などから着想を得てガラス制作をしているという加藤瑠花さん。友人宅で飲んだ思い出のサングリアをイメージしたというデキャンタとグラス。その厚みと重さによる存在感は圧巻の一言。ぜひ手に取ってご覧いただきたい一品です。   河内真紀子さん|Asakusa Cafe au lait シンプルな形にやわらかさを感じる作品を目指す河内真紀子さんは、足つきカフェグラスをご出品。ふわふわのカフェオレをたっぷり味わえます。当店のお客様からもよくお声を聞くパフェグラスやクリームソーダでレトロさも味わえます。   貴島雄太朗さん|Lemon Mint Fizz 当店でも「削紋」シリーズでお馴染みの青樹舎硝子工房主宰の貴島雄太朗さん。吹きガラスからカットまで手掛ける貴島さん、今回はなんとエナジードリンク用のグラス。一日の始まりをキリッとさせてくれる一杯に。   北村萌さん|Yuzu Sake Cocktail 日々の暮らしの”ほっと一息”の空間に馴染み寄り添ってくれるガラスを目指す北村萌さん。氷の結晶のようなその美しい模様の酒器は、お酒を注ぐたびに感じる優しい手触りと心地よいサイズ感でついついお酒が進みます。   神宮司美和さん|Dalgona Coffee 「何気ない日常をほんの少しだけ特別に」をコンセプトに制作しているという神宮司美和さん。ダルゴナコーヒーの「もこもこ」とした泡を白いグラスとドットで表現してくれました。ドリンクによって表情が変わるのが魅力です。  ...

とじこめられた泡のガラス展

小坂未央さんの企画展を初開催   10月7日(土)より、浅草合羽橋本店では、「とじこめられた泡のガラス展」を開催。静岡県のガラス作家「小坂未央」さんの作品は細かな泡模様が閉じ込められた透明ガラスが特徴。花器をはじめ、これまでお取り扱いのなかった足付きグラスなどが並びます。  幾重にも織りなされる波模様 白いレースで包まれたかのようなガラスは繊細な気泡の流れによる縞模様で包まれています。近づかなければわからないほどに小さな泡模を、正確にガラスの中に描く技術は圧巻。ガラスに重曹を入れ発泡させる技法は一般的で珍しくありませんが、これほど同じサイズの泡が模様として描かれた作品は多くはありません。   日本の包む文化から着想 ガラス制作を始めた当初、イタリアの技術を学び、色ガラスを多用してきた小坂さんですが、次第に器の色について考えるようになりました。生活の中でガラスが使われる風景に馴染む日本ならではの「奥ゆかしさ」を表現したい。その想いが繊細な泡の波模様をガラスに閉じ込め包み込むようなデザインとなって結実しました。   生活の中で輝く形とデザイン アートのような繊細さを持つ小坂さんの作品ですがつかい手の生活に馴染むことにも拘られています。お部屋の中で飾られているだけでも美しいですが日常的に使われた時、作品に息が吹き込まれます。説得力のあるデザインとは、技術や素材だけでなく つかい手を想い、生活の中でモノが佇む姿をイメージできた時に生まれるのかもしれません。そんなことも思わせてくれる小坂さんの逸品。 「とじらこめられた泡のガラス展」は10月7日(土)から27日(金)まで開催。ぜひお手に取ってご覧ください。みなさまのご来店を心よりお待ちしております。   小坂未央2004年 倉敷芸術科学大学芸術学部を卒業。     小樽工芸舎はじめ各地の工房を経験。2014年 金沢卯辰山工芸工房へ入所。     泡表現の研究を開始。2015年 金沢市工芸展入選、日本クラフト展入選。2016年 現在の浜松市を拠に活動開始。     国際ガラス展・金沢2016奨励賞を受賞。2020年 アメリカ・ポルトガルアートフェア参加。  

記事一覧を見る

読みもの

美の匠 ガラス工房 弟子丸│薩摩切子

TSUCHI-YA│ガラスの器と工芸では、鹿児島にある2つの工房の協力により薩摩切子のお取扱いを開始いたします。今回ご紹介するのは鹿児島県霧島市の「美の匠 ガラス工房 弟子丸」です。 神話や伝説に彩られた霧島 日本百名山の霧島山と桜島が浮く錦江湾の中間に位置する「ガラス工房 弟子丸」は山と海の自然に恵まれた場所にあります。主宰の弟子丸努さんが生まれ育ち独立したそんな霧島の地を私たちは訪れました。 霧島連山の麓で清浄な空気に包まれている「霧島神宮」も工房から車で約30分。雨の参道は、空気が涼しく神秘的でした。 霧島温泉郷から霧島神宮に向かう国道223号沿い丸尾滝(まるおのたき)の滝見スペースで深呼吸。静かな場所で気持ちの良い時間を過ごせます。 遠浅で波も静かな錦江湾の海岸は霧島錦江湾国立公園に指定される我が国最初の国立公園の一つと言われています。 四季折々に神秘的な自然美を見せるこの霧島の地で 弟子丸氏が率いる工房が、削り、磨き上げる薩摩切子の魅力にいよいよ迫っていきます。 刹那の技を現代で継ぐ切子師 弟子丸努さんは薩摩切子復刻1期生として「薩摩ガラス工芸(現:島津興業)」に入社、「薩摩切子」の復元に携わり、貢献されました。その伝統をトレースする確かな技術を携えて切子師である弟子丸さんが次に選んだ道は、「薩摩切子の新たな価値を創造する」道でした。   不可能と言われた黒切子の誕生 2006年、黒切子(霧島切子)を発表。 『鹿児島には黒豚、黒牛、黒糖、黒酢が あるのだから、黒い切子をやってみないか。』と当時の上司に勧められたのがきっかけ。 しかし、光を通さない黒ガラスは透かして刃が見えないことから、切子加工は不可能と当時は思われていました。 弟子丸さんは、手が自然に自分が求める方向へスーッと動くまで長い時間、同じ作業を繰り返し手と刃が同化する感覚まで技を磨きました。 そんな弟子丸さんの異次元の苦労の末に、「薩摩黒切子」は生み出されたのです。 名入れができる「霧島切子」を考案 弟子丸さんの勢いは止まることを知りません。これまでにお客様のご要望が多かったけれど薩摩切子の伝統を重んじ断ってきた「名入れ」。お客様の声になんとか応えたいと考えた結果、「霧島切子」という新ブランドで実現させます。確かな技術で薩摩切子の伝統を継承しつつも、現代においても見る者を魅了しつづける弟子丸さんのこの姿勢に私たちは共感しました。 伝統があるからこそ際立つ革新 新しい色で薩摩切子、さらには切子業界に新風を巻き起こしてきた弟子丸さん。小樽の吹きガラス工房「KIM GLASS DESIGN」と「琥珀」「オリーブ」などの新色を共同開発。薩摩切子の再解釈に命を燃やし続けています。弟子丸さんの存在を「革新」と表現できるのは、島津薩摩切子の「正統」があってこそではないか。そして、その両雄が現在進行形で薩摩切子の歴史を刻んでいる今を、この目で確かめられた旅でした。オンラインでの購入はこちら。

薩摩ガラス工芸│島津薩摩切子

TSUCHI-YA│ガラスの器と工芸では、鹿児島にある2つの工房の協力により薩摩切子のお取扱いを開始いたします。今回ご紹介するのは鹿児島県鹿児島市の「薩摩ガラス工芸 島津薩摩切子」です。 薩摩切子の歴史は島津の歴史 薩摩切子を語る上で決して外すことのできない島津家とその硝子事業の中心地を訪れました。島津家が中心となり取り組んだ薩摩切子の復元。その中心となった会社が「薩摩ガラス工芸」で「島津薩摩切子」はブランド名称となります。 島津薩摩切子の「薩摩切子工場」は世界文化遺産の構成資産に登録された「仙巌園」に隣接しています。 桜島を築山に錦江湾を池に見立てた名勝仙巌園は大河ドラマ「西郷どん」の撮影地でもありました。 国の有形文化財にも指定されている 白い木造 「磯工芸館」は島津薩摩切子の直売店舗であり工場が併設され、無料で見学が可能です。 磯工芸館に足を踏み入れるとまるで宝石店のよう。商品が並ぶ白いテーブルは、「復元」や「二色衣」など、シリーズ毎に見やすく整理されています。 未来を見据え組織化されたつくり手集団 薩摩ガラス工芸は、生地作りから切子加工まで一貫して生産する日本で数少ない切子工房のひとつとして、成形、カット、磨きの職人32名が在籍しています。(2023年9月現在)現在進行形で伝統を築いている薩摩切子の世界。将来を見据え新卒採用と人材育成も大切です。平均年齢は30歳前後ですが、高卒入社の職人は20代で既に10年以上経験を積む職人もいます。 薩摩切子復元の立役者 薩摩ガラス工芸の若き職人たちを牽引するのは、薩摩切子の 復元及び制作における第一人者である「中根櫻龜( なかね おうき)」さん。出身は兵庫県尼崎市、武蔵野美術短期大学を卒業。後に「東京ガラス工芸研究所」に入所、卒業直前に鹿児島県からの薩摩切子復興の人材派遣要請に、同研究所の推薦をうけ、薩摩切子に携わることに。最初は一人で全てが手探りの状態、資料の検証と実物の実測から 必要な工具を考えるなど中根氏の気が遠くなるほどの尽力がなければ、100年も途絶えていた薩摩切子を復元することは出来なかったと言われています。 鮮やかで澄んだ色の美術工芸品 島津薩摩切子はとても鮮やかで澄んだ色が特徴。さらにグラデーションによる「ぼかし」表現はシャープな美しさをもつヨーロッパのガラスや、江戸切子とは、対照的な魅力でもあります。   薩摩切子の新しい表現「二色衣」 2001年、新しい色彩が生まれました。『2色被せ』技法により、薩摩切子の鮮やかな2色を重ねたガラス生地をカットすることによって、染め物のような「色の濃淡」が表現されました。 「薩摩切子の歴史を絶対途絶えさせてはならない」「100年後も素敵だと思われる品格あるデザイン」中根さんの言葉は、薩摩切子の「正統」を伝える私たちつなぎ手に、託された言葉と思っています。 オンラインでの購入はこちら

篠原風鈴本舗│江戸風鈴

 TSUCHI-YA│ガラスの器と工芸では、日本の四季や年中行事など一年を通してガラスを愉しむご提案を企画。今回は日本の夏の風物詩「風鈴」をご紹介します。    ガラス風鈴の老舗「篠原風鈴本舗」 私たちが訪れたのは篠原風鈴本舗さん。国内に二ヶ所しかない江戸風鈴工房の一つです。今回は江戸川区の工房にお邪魔して、江戸風鈴の魅力を伺ってきました。   江戸風鈴の音色へのこだわり ガラスの棒が当たって音のなる鳴り口。江戸風鈴は鳴り口をわざとギザギザに仕上げます。ガラスの振り管が擦れるだけで音が出るのが特徴。ガラス同士の衝突音よりも優しく、音が揺れ、一定ではなく、綺麗な音がします。一つ一つが職人の手作りなので、同じ形でも大きさや厚みに個体差があり、一つとして同じ音はありません。   江戸時代から変わらない製法 江戸時代から変わらず、「宙吹き」で作られる江戸風鈴。型を使わずに膨らます製法ゆえに、一つひとつ異なる厚みや大きさがそれぞれの個性のある音色を生み出します。   風鈴の起源 風鈴自体の起源は中国にあり、現代とは全く違う使い方でした。竹林に下げて風の向き・音の鳴り方で、物事の吉凶を占う占風鐸(せんふうたく)と言う道具が起源です。日本に仏教などと一緒に渡来、この風鐸の「ガランガラン」という音が厄除けになると考えられていました。(篠原風鈴本舗HPより引用)現在は夏の風物詩とされる風鈴ですが、もとは1年を通して親しまれていたものでした。諸説ありますが、風鈴が夏に定着したのはシダを這わせて玉状にした「吊りしのぶ」という日本の夏を彩る文化の影響という説も。夏にしかない吊りしのぶに風鈴をぶら下げる。それで夏のイメージがついたのかもしません。古くからの文化を繋いでいくとともにTSUCHI-YAでは、季節を問わず楽しめる風鈴を今後お届けできればと考えています。   「夏の音がするガラス展」では、オリジナルの江戸風鈴だけでなく、夏に活躍すること間違いなしの作品をご用意。涼しげなガラス工芸で、暑い夏の下準備を。オンラインでの購入はこちら  

大切な人に特別な江戸切子

入社・転職・人事異動。春から初夏には出会いや挑戦する人が増える時期。家族や兄弟、親友、お世話になっている先輩など、大切な方の節目にギフトを探すこともあるはず。 そんな特別なギフトとして選ばれる一つが江戸切子。その特別な贈り物に相応しい魅力をご紹介します。 唯一無二の華やかな伝統工芸品 切子とは、ガラスの表面をカットする技術のこと。江戸切子では、伝統的文様が刻まれるが特徴です。専用の機械を使い直線や曲線を掛け合わせ、一つひとつ江戸切子の伝統工芸士が施していきます。ときに繊細に、ときに大胆に。同じ伝統文様を用いても、全く同じデザインでも、職人のさじ加減で仕上がりは異なり、世界に一つとして同じものはありません。その唯一無二の逸品であることが、江戸切子が特別なギフトに選ばれる理由の一つです。 このような高い技術によって生まれる江戸切子は、日本の伝統工芸の一つ。職人から職人へ受け継がれてきた仕事は、身近に手にできる芸術品と言えるかもしれません。世界中にコレクターも多数。目効きの方や、拘りのある方に喜ばれるはずです。   その存在感が魅力の色切子 次に、もう一つの魅力は江戸切子の「色」です。江戸切子は、色被せと透きの2つに分けられます。切子のガラス色にはいくつか種類があり、様々な色の江戸切子が存在、流通しています。透き、金赤、瑠璃色、緑、黒、青紫、黄色、赤色、青同じ文様でも色で印象が変わり、同じ色でも濃淡が異なります。また技術的にカットが難しい「黒」は値段が高く、色の違いによって価格にも大きく影響してきます。  色切子はこちらから ドリンクが映える透明の切子 TSUCHI-YAでは珍しい色切子に加え、透明の切子の種類に、どこよりも拘っています。なぜならばギフトで有名なバカラグラスなどが好まれる理由の一つに「お酒の色を楽しみたい」というお客様の声がよく挙げられるからです。さらにカットデザインも日本的な模様だけでなくインテリアのテイストにあったモダンさやデザインを求めらることも少なくありません。透明のガラスはその伝統模様に感じる和テイストが柔らぎ、お酒を選ばない汎用性も生まれます。透明切子はこちらからこのように、江戸切子の魅力は色の有無に関わらず、職人技が光るハンドメイドの一点ものです。その中でもTSUCHI-YAが厳選した作品たちはその人のお飲み物やインテリアの嗜好性にあわせて選んでいただければ、皆様の大切な方にきっと喜んでいただける至高の逸品揃いです。

記事一覧を見る

浅草合羽橋店

1F

漆黒に塗られた木製家具に並ぶのは、日本各地から集めた透明ガラスのコップ。ひとつ一つが手づくりで、素材や技法が異なり同じものがひとつとしてありません。つくり手の個性とストーリーのあるガラスのコップの中から、お気に入りをぜひ見つけてください。

2F

まっさらなキャンバスのような白い空間は、ガラス工芸の色や造形を引き立てます。鮮やかな色の江戸切子や、輝きを放つ精巧なカットの透きガラスを展示。期間限定の企画展や個展で、衣食住のあらゆるシーンで触れられるガラスの世界をお伝えします。

浅草合羽橋店の詳細を見る

instagram

LINEで
ご相談

LINEアイコン