父の日に贈りたい
グラスの逸品

漆塗り職人が丁寧に<br>塗り上げたビアグラス

漆塗り職人が丁寧に
塗り上げたビアグラス

伝統工芸士・小坂康人氏は、漆を現代生活で使いやすくしたいと考えてきました。そして生活に馴染みのあるガラスに漆を塗り重ねられる技術を開発。木とは異なり無機質なガラスは、乾燥する段階で漆が剥がれやすく難易度の高いものでした。そんなつくり手の強い思いと高い技術の結晶とも言えるこのグラスで飲むビールは格別かもしれません。

江戸切子では珍しい<br>ロングタンブラー

江戸切子では珍しい
ロングタンブラー

TSUCHI-YAが江戸切子の伝統工芸士、鍋谷淳一氏に制作を依頼したオリジナルのタンブラー。およそ3mm幅で規則正しく刻んだ縞模様を、一本一本を鋭いダイヤモンドの刃でカットを施しています。触れるたび、程よい重みとグラスの質感が心地よさを感じさせてくれます。

伝統工芸士による<br>長寿吉兆のロックグラス

伝統工芸士による
長寿吉兆のロックグラス

六角形の幾何学模様「亀甲模様」。 日本では、長寿吉兆の象徴である亀の甲羅の形が由来となり、古くから親しまれている吉祥文様のひとつ。この伝統的な亀甲模様が施されたロックグラスは、伝統工芸士が、厚いガラスをかまぼこ型の丸い刃だけで深く掘っていく珍しい逸品です。

津軽の職人技が光る<br>片口とお猪口のセット

津軽の職人技が光る
片口とお猪口のセット

青森県伝統工芸品の「津軽びいどろ」。伝統の技で仕上げた美しい色合わせのガラスのぐい呑と片口です。水面に浮かぶ月の光をイメージした、碧色ガラスに施された金彩が特徴の逸品。冷酒を注いだときの光のゆらぎ、ガラスの清涼感が酒の味を引き立てます。

薄くて軽い<br>口あたりのよいジョッキ

薄くて軽い
口あたりのよいジョッキ

金属型に入れて筋目をつけてから宙吹きするモールドデザイン。髙橋禎彦さんのジョッキの凄さは、その薄さと軽さ。しかも底まで美しい。その口当たりのよさは、飲み物をとても美味しく感じさせてくれます。ビールはもちろんですが、 TSUCHI-YAはあえてハイボールをお勧めしています。

LINEで
ご相談

LINEアイコン