This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

早崎志保ガラス展

4月13日(土)より、浅草合羽橋本店では
「早崎志保ガラス展」を開催。
当店でも人気の「てんてん星」シリーズのほか、
フュージングやパート・ド・ヴェールなど、
様々な技法を用いた作品たちが並びます。


ぱっと花開くガラス

まず目を引くのが、グラスに咲く色とりどりの花々。
色ガラスを重ねることで、花びらや花芯の色合い、
ひとつずつに個性があります。
ガラスを発色させるために含まれる金属が反応して、
予想していなかった色が生まれることも。
制作過程でできる底面のポンテ跡はつるりと磨かれ、
細部へのこだわりやつかい手への配慮を感じます。

いろいろな技法、広がる表現

吹きガラスを中心に作品を作られていますが、
板ガラスを電気炉で溶かし合わせるフュージング、
石膏型にガラスの粉や粒を流し込んで焼成する
パート・ド・ヴェールなど、表現は多岐に渡ります。
技法は異なれどそこには早崎さんの表現の軸があり、
どの作品からもガラスへの情熱が伝わってきます。

自然を見つめる目

そして早崎さんの多彩な作品に共通するのは、
自然への優しい眼差し。
夏の青い空、海辺に落ちた花、陽の光で輝く雪。
誰もが一度は目にしたことのあるような
何気ない景色は、早崎さんの目を通して、
きらきらとしたガラスに姿を変えます。

眩しい朝日の中と夕焼けの赤い光の中では
異なる表情を見せてくれるガラス。
スマホの画面からだけでは伝えきれないその魅力を
ぜひ、店頭で体験いただければと思います。
素材の特徴を生かしながら、
生活の中で様々な景色を見せる早崎さんの作品は
4月13日(土)から浅草合羽橋本店でご覧いただけます。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

早崎志保│Shiho Hayazaki
岡崎市に個人工房を構え、吹きガラス技法を中心に
器やオブジェを制作。
季節を映すモノづくりを心掛けられています。

1997年
愛知教育大学 総合造形コース ガラス専攻卒業

1998年
富山市立富山ガラス造形研究所研究科を卒業

1998年〜2007年
岡崎ガラス工房・葵 ガラス工芸指導員
2013〜1998年
名古屋芸術大学非常勤講師
2008〜現在
Glass Studio「ガラスごこち」主宰(岡崎) 

早崎さんの商品はこちらから

ブログ一覧を見る

LINEで
ご相談

LINEアイコン