This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

夏の江戸切子展

7月1日(土)より、
浅草合羽橋本店では「夏の江戸切子展」を開催。
TSUCHI-YAでは、海外からの人気も高く入手困難な
切子の世界を年4回特集する企画展となります。
この夏は当店初出品の江戸切子工房を紹介します。

 

ガラス専門店での取扱い初!
〜篠崎硝子工芸所〜

TSUCHI-YAでは今回初お披露目となる
江戸切子工房「篠崎硝子工芸所」の作品。
定番の金赤をはじめ、青、緑、山吹色の
鮮やかな切子グラスが並びます。

 

1957年に東京都江東区に創業した篠崎硝子工芸所。
工房を主宰する2代目の篠崎英明氏は、
2002年、東京都の伝統工芸士に。
先代の清一氏に続き親子二代での認定は、
江戸切子の部門において初めてのことでした。
現在は、江戸切子の職人・工房を束ねる
江戸切子協同組合の代表も務めています。 

 

伝統紋様を組み合わせたデザイン

篠崎硝子工芸所の江戸切子は、
一つのグラスの中で伝統紋様を組み合わせた、
独自の複雑なデザインが魅力の一つ。
写真の「麻の葉巻き」というデザインは、
友禅の着物に着想を得た独自の意匠。
斜めに入った色の帯を境に、
「麻の葉」と「四角籠目」の伝統紋様をミックス。
角度で印象が異なるアシンメトリーが特徴です。

 

夏の江戸切子展は、
7月1日より浅草合羽橋の店舗にて開催。
切子の足付きグラスや片口など、
店舗でしか取扱のない限定品もございます。
ぜひこの機会に江戸切子をご覧ください。

江戸切子のオンライン購入はこちら

ブログ一覧を見る

LINEで
ご相談

LINEアイコン