This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

企画展

印象派のようなガラス展

11月25日(土)より、浅草合羽橋本店では、「印象派のようなガラス展」を開催。東京都のガラス作家、鈴木伊美さんは、「ほっ」と息が抜けるような表現を制作のテーマにされています。今回は息抜きに訪れた植物園の花や草木の色彩や香りの記憶から着想を得た新作が並びます。   自由な表現を支える技術 吹きガラスの技法を用いており、有機的な形と柔らかな色合いが特徴的。そして丁寧な加工や削りによって端正で繊細なイメージも感じとれます。詩的で情緒的なタイトルも印象的です。   瓶というモチーフ 膨らんだ部分を人の体のお腹に見立てた「気持ち入れ」という作品シリーズ以降繰り返し制作している形だそう。控えめに膨らんでいたり、丸くころんとしていたり。どんな気持ちをため込んでいるのかあれこれ想像しながら、お気に入りを見つけてみてください。   印象を形にする 植物園を歩く中で感じた花の香りや風の音、柔らかく降り注ぐ陽の光。鈴木さんが息を吹き込むことで、ガラスは自由に形を変えて、目には見えない印象をもそっと私達に伝えてくれるようです。 「印象派のようなガラス展」は11月25日(土)〜12月15日(金)まで。鈴木伊美さんが撮影された神代植物園のお散歩写真が背景に流れる店内でみなさまを心よりお待ちしております。   鈴木伊美神奈川県生まれ1996年 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科を卒業。1998年 富山市立富山ガラス造形研究所造形科を卒業2000年 富山市立富山ガラス造形研究所研究科を卒業。        

食卓を彩るガラス展

10月28日(土)より、浅草合羽橋本店では、「食卓を彩るガラス展」を開催。石川県で活動される「中野雄次」さんの企画展は、昨年11月に続き、2回目の開催となります。耐熱ガラスのマグやポットが当店での定番ですが企画展では、食卓を楽しく彩る器や花器を依頼。ガラスの魅力あふれる色彩豊かな作品が並びます。   吹きガラスとバーナーワークの二刀流 その豊かな表現力は確かな技術があってこそ。吹きガラスからバーナーワークまで駆使されます。耐熱ガラスをガスバーナーで成形することで小ぶりで可愛らしいポットやマグが生まれます。さらに、シンプルで退屈なデザインが少なくない耐熱ガラスですが、中野さんの作品には「ちょっと」した遊び心も施されているんです。 Chokkoshi(ちょっこし)は、そのサイズ感と赤いアクセントが特に女性に人気がある作品。石川県の方言で「少しだけ」を意味します。自分だけのお茶時間を楽しむのにピッタリです。   鮮やかさと落ち着きのある色の交わり 銀など鉱物を発色剤としてあわせる色のある作品。その時々で発色の仕方が変わり、まさに一点もの。冷めてから模様が現れるのが何とも神秘的です。今回の企画展ではどんな形の花器が並ぶでしょう。中野さんの作品は、いつも届いた箱を開けるのが私たちにとっても毎回楽しみな作家さんなのです。   飲食店様にもご好評の彩り小鉢 昨年、当店2階に並びあっという間に完売した彩り小鉢ももちろんご用意いただく予定です。今回はどんなお色味の小鉢か、乞うご期待です。 「食卓を彩るガラス展」は10月28日(土)から11月24日(金)まで開催。みなさまのご来店を心よりお待ちしております。 中野雄次埼玉県生まれ1999 倉敷芸術科学大学、工芸学科ガラスコースを卒業。2002 金沢市牧山ガラス工房に勤務。2018 トリブーショイ硝子工芸舎を設立。

私の好きなドリンクのグラス展

10月28日(土)より、浅草合羽橋本店では、「私の好きなドリンクのグラス展」を開催。東京都練馬区大泉学園町の閑静な住宅街にある「青樹舎硝子工房」で活動する11人の作家さんに自分の好きなドリンクのグラスの制作を依頼。好きなドリンクや思い出のドリンクを思い描き個性豊かな手作りのマイグラスをご紹介します。   稲葉知子さん|Rose Jasmin Tea いつもお茶の時間を大切にしている稲葉知子さん。仕事の合間の時間を楽しむための茶器セット。佇まいにどこか懐かしさも感じさせるポットと足つきのグラスはありそうでない一品です。   加藤瑠花さん|Sangria 自然やアート、映画などから着想を得てガラス制作をしているという加藤瑠花さん。友人宅で飲んだ思い出のサングリアをイメージしたというデキャンタとグラス。その厚みと重さによる存在感は圧巻の一言。ぜひ手に取ってご覧いただきたい一品です。   河内真紀子さん|Asakusa Cafe au lait シンプルな形にやわらかさを感じる作品を目指す河内真紀子さんは、足つきカフェグラスをご出品。ふわふわのカフェオレをたっぷり味わえます。当店のお客様からもよくお声を聞くパフェグラスやクリームソーダでレトロさも味わえます。   貴島雄太朗さん|Lemon Mint Fizz 当店でも「削紋」シリーズでお馴染みの青樹舎硝子工房主宰の貴島雄太朗さん。吹きガラスからカットまで手掛ける貴島さん、今回はなんとエナジードリンク用のグラス。一日の始まりをキリッとさせてくれる一杯に。   北村萌さん|Yuzu Sake Cocktail 日々の暮らしの”ほっと一息”の空間に馴染み寄り添ってくれるガラスを目指す北村萌さん。氷の結晶のようなその美しい模様の酒器は、お酒を注ぐたびに感じる優しい手触りと心地よいサイズ感でついついお酒が進みます。   神宮司美和さん|Dalgona Coffee 「何気ない日常をほんの少しだけ特別に」をコンセプトに制作しているという神宮司美和さん。ダルゴナコーヒーの「もこもこ」とした泡を白いグラスとドットで表現してくれました。ドリンクによって表情が変わるのが魅力です。  ...

とじこめられた泡のガラス展

小坂未央さんの企画展を初開催   10月7日(土)より、浅草合羽橋本店では、「とじこめられた泡のガラス展」を開催。静岡県のガラス作家「小坂未央」さんの作品は細かな泡模様が閉じ込められた透明ガラスが特徴。花器をはじめ、これまでお取り扱いのなかった足付きグラスなどが並びます。  幾重にも織りなされる波模様 白いレースで包まれたかのようなガラスは繊細な気泡の流れによる縞模様で包まれています。近づかなければわからないほどに小さな泡模を、正確にガラスの中に描く技術は圧巻。ガラスに重曹を入れ発泡させる技法は一般的で珍しくありませんが、これほど同じサイズの泡が模様として描かれた作品は多くはありません。   日本の包む文化から着想 ガラス制作を始めた当初、イタリアの技術を学び、色ガラスを多用してきた小坂さんですが、次第に器の色について考えるようになりました。生活の中でガラスが使われる風景に馴染む日本ならではの「奥ゆかしさ」を表現したい。その想いが繊細な泡の波模様をガラスに閉じ込め包み込むようなデザインとなって結実しました。   生活の中で輝く形とデザイン アートのような繊細さを持つ小坂さんの作品ですがつかい手の生活に馴染むことにも拘られています。お部屋の中で飾られているだけでも美しいですが日常的に使われた時、作品に息が吹き込まれます。説得力のあるデザインとは、技術や素材だけでなく つかい手を想い、生活の中でモノが佇む姿をイメージできた時に生まれるのかもしれません。そんなことも思わせてくれる小坂さんの逸品。 「とじらこめられた泡のガラス展」は10月7日(土)から27日(金)まで開催。ぜひお手に取ってご覧ください。みなさまのご来店を心よりお待ちしております。   小坂未央2004年 倉敷芸術科学大学芸術学部を卒業。     小樽工芸舎はじめ各地の工房を経験。2014年 金沢卯辰山工芸工房へ入所。     泡表現の研究を開始。2015年 金沢市工芸展入選、日本クラフト展入選。2016年 現在の浜松市を拠に活動開始。     国際ガラス展・金沢2016奨励賞を受賞。2020年 アメリカ・ポルトガルアートフェア参加。  

秋の薩摩切子展

9月16日(土)より、浅草合羽橋本店では「秋の薩摩切子展」を開催。鹿児島県の「薩摩ガラス工芸」と「美の匠 ガラス工房 弟子丸」をご紹介します。1階は、歴史を受け継ぐ「正統」の島津薩摩切子2階は、現代における「革新」の弟子丸薩摩切子薩摩切子の両雄と言える2つの工房を特集。この記事では、薩摩切子の魅力に先んじて薩摩切子の誕生と衰退、復活の物語に目を向け思いを馳せていただければ幸いです。   幕末に誕生、30年で途絶えた幻の切子 薩摩切子は、幕末の薩摩藩で誕生しました。厚い色被せ(いろきせ)ガラスに「ぼかし」と呼ばれるグラデーションが魅力の切子です。 1846年、薩摩藩のガラス製造は薬瓶からはじまり、1851年、島津斉彬が藩主になると飛躍的に発展。斉彬が集成館事業の一環とし海外交易を視野に入れ美術工芸品としての「薩摩切子」が誕生しました。 1858年、49歳でこの世を去った島津斉彬の死後、集成館事業の縮小、薩英戦争での集成館砲撃、幕末維新から西南戦争の動乱を経て明治初頭、薩摩切子はわずか30年で途絶えてしまいました。 島津家が中心となり復元 薩摩切子の終焉から100年ほどが過ぎた1982年鹿児島の百貨店での展覧会がきっかけとなり、薩摩切子復元の機運が高まってきました。そして1985年4月、薩摩ガラス工芸株式会社(現在は株式会社島津興業に統合)を設立、薩摩切子の復元事業が始まりました。復元に向けての研究や工場の建設を経て、1986年より工場を稼働、製造を開始しました。 このように途絶えた薩摩切子の復元と現在において島津斉彬の集成館にルーツを持つ島津興業による「薩摩ガラス工芸」は中興の祖と言えるでしょう。   鹿児島県の伝統工芸品に指定 「島津薩摩切子」と「 美の匠 ガラス工房 弟子丸」は鹿児島県指定の伝統的工芸品に選ばれています。 日の丸に桜島と伝統の伝をかたどったその証は、現在、鹿児島で6社がその指定を受けています。   現在進行形で伝統を創造しつづける 今回ご紹介する「美の匠 ガラス工房 弟子丸」の弟子丸努さんは、1985年に薩摩ガラス工芸(現在は株式会社島津興業に統合)に入社し薩摩切子の復元事業に当初から8年携わりました。後に「薩摩びーどろ工芸」の設立を経て独立。 2006年に「薩摩びーどろ工芸」が発表した「黒薩摩切子」の開発の立役者となりました。復刻の礎を守りながらも、革新的表現を追い求め、自由な発想と故郷の「霧島」への思いを込め、薩摩切子の魅力をさらに拡張させています。 薩摩切子のオンライン購入はこちら

蛍光管の再生ガラス展

7月8日(土)より、浅草合羽橋本店では「蛍光管の再生ガラス展」を開催。群馬県渋川市の「六箇山工房」さんによる今では消費が減ってしまった蛍光管のガラスを材料にしたガラス器を特集。 自然に囲まれた群馬県の「六箇山工房」 群馬県は、渋川市赤城町元養蚕古民家を改築した素敵な建物が今回ご紹介する「六箇山工房」です。       希少になりつつある蛍光管の再生ガラス 六箇山工房の作品は緑がかった色が特徴の一つ。廃棄された蛍光管を材料に作られています。透明なガラスに比べ、泡やガラスのシワが馴染むのが特徴です。 写真はブルーガラス。蛍光管による緑をはじめ様々な色ガラスを溶かし合わせることで、落ち着いた色味のブルーガラスに仕上がります。 他にも、群馬の名湯「伊香保温泉」の湯の花をガラスに混ぜて作った湯の花ガラスなど、六箇山さんの作品には、思わず人に話したくなるようなエピソードが含まれています。   制約の中でいかに面白いものを作るか 蛍光管の再生ガラスを使い始めたのは実は生産コストが低いからでした。ただ、始めてみると冷めやすく固い、相性の良い色ガラスが限られるなど扱いが難しいことがわかってきました。 一方で、温かみのある緑の色合い、シワや泡がデザインとして馴染む質感など、蛍光管の再生ガラスだからこその魅力も見つかったのです。使うことのできる素材の中で、いかに面白いものを作ることができるか。六箇山さんの作品はそんな好奇心から生まれています。  今回で蛍光管再生ガラスの制作は一旦終了 LEDライトの普及により、蛍光管の再生ガラスの原料工場が生産を終了。素材の調達は難しくなりつつあります。今後、六箇山工房では、蛍光管の再生ガラスに代わって、透明なガラスをメインで使うとのこと。工房のアイコンとも言える再生ガラスが使えないことは少なからず不安ではないかと思いましたがそんなことはないと小野口さんは言います。「透明なガラスだと、合わせる色ガラスの幅も増えるのが楽しみ、今できることの中で、いかに面白くするか。」素材が変わっても、その姿勢は変わらないようです。

夏の江戸切子展

7月1日(土)より、浅草合羽橋本店では「夏の江戸切子展」を開催。TSUCHI-YAでは、海外からの人気も高く入手困難な切子の世界を年4回特集する企画展となります。この夏は当店初出品の江戸切子工房を紹介します。   ガラス専門店での取扱い初!〜篠崎硝子工芸所〜 TSUCHI-YAでは今回初お披露目となる 江戸切子工房「篠崎硝子工芸所」の作品。 定番の金赤をはじめ、青、緑、山吹色の 鮮やかな切子グラスが並びます。   1957年に東京都江東区に創業した篠崎硝子工芸所。工房を主宰する2代目の篠崎英明氏は、2002年、東京都の伝統工芸士に。先代の清一氏に続き親子二代での認定は、江戸切子の部門において初めてのことでした。現在は、江戸切子の職人・工房を束ねる江戸切子協同組合の代表も務めています。    伝統紋様を組み合わせたデザイン 篠崎硝子工芸所の江戸切子は、一つのグラスの中で伝統紋様を組み合わせた、独自の複雑なデザインが魅力の一つ。写真の「麻の葉巻き」というデザインは、友禅の着物に着想を得た独自の意匠。斜めに入った色の帯を境に、「麻の葉」と「四角籠目」の伝統紋様をミックス。角度で印象が異なるアシンメトリーが特徴です。   夏の江戸切子展は、7月1日より浅草合羽橋の店舗にて開催。切子の足付きグラスや片口など、店舗でしか取扱のない限定品もございます。ぜひこの機会に江戸切子をご覧ください。 江戸切子のオンライン購入はこちら

夏の音がするガラス展

6月24日(土)より、浅草合羽橋本店では、「夏の音がするガラス展」を開催。夏の風物詩である風鈴をはじめ、そうめん皿や、蚊やり、竹細工のアイスペールや団扇など。夏の到来を感じるアイテムが並びます。  ランドセル革短冊の江戸風鈴  「TSUCHI-YA(つちや)」のプロデュース商品「ランドセル革短冊の江戸風鈴」全9色を、2023年6月24日(土)から数量限定で発売します。江戸風鈴の老舗「篠原風鈴本舗」で出会った、泡やシワのある透明ガラスの風鈴を使用。絵付けに向かないという理由から、使われていなかった風合いのある風鈴を「土屋鞄のランドセル」の革と組み合わせ、色鮮やかな江戸風鈴にアップサイクル。TSUCHI-YA浅草合羽橋本店と、ECサイトで販売、価格は税込4,950円です。   ガラスならではの表情豊かな風鈴 江戸風鈴の特徴は様々な絵付け。内側から描くため、江戸風鈴の表面は光沢のまま。その光沢と艶やかさが求められるため、表面に泡やシワの入ったものは日の目を見ません。私たちは、そんな絵付けされない風鈴にこそ、ハンドメイドガラスの魅力があると考えました。    カラフルなランドセル革の短冊 約40種類以上ある土屋鞄のランドセル。今回の風鈴では、「大人でも欲しくなる色」プリズムブルー、プリズムカーキ、グレー、キャメル、ピスタチオ、ミントブルー、ラベンダー、アイボリー、ベージュの9色。一部で雨風に強い防水加工の革もあります。   泡と銀彩の涼しいガラス器 夏の音がするガラス展では、風鈴だけでなく、夏に使いたいガラス器もご用意。TSUCHI-YA浅草合羽橋本店のスタッフであり、ガラス作家として活動する依田麻紀子氏と、蚊取り線香を入れて吊り下げられる「蚊やり」や「そうめん鉢」を共同開発。置いたり吊るしたり花器にもなる4WAY仕様。ガラスの泡と銀彩が特徴でもあります ガラスと一緒に使いたい竹細工 今回、初めてとなる竹素材のアイテムが新入荷。京都の老舗創作竹芸品メーカー「公長斎小菅」。 竹のマドラーやデザートスプーンなど、ガラスの器と合わせやすい品々を揃えました。 店舗では、6月24日(土)から開催の「夏の音がするガラス展」。もうそこまでやってきている夏をガラスと工芸で感じに来ませんか?オンラインでの購入はこちら  

LINEで
ご相談

LINEアイコン